どれくらいの値段の実印を購入するのがおすすめか

印鑑の中でも実印は、車や住宅の購入時・相続など公的な書類の作成をする、人生でも重要な場面で使われるものです。登録には住んで住民登録している自治体(区役所・市役所)などに、戸籍上の名前を「印鑑登録」として申請した印鑑のことです。名前はフルネームではなく、名字だけかまたは下の名前だけでも許可してもらえます。印鑑登録すれば、それが実印となってしまいます。実は認印としてつかっている三文判でも、銀行印として使っている印鑑でも登録することは可能です。ですが、法的に本人確認の証明としても利用され、使う場合も法的に重大な場面や金額的に大きい取引に使われるので、他の印鑑とは分けて用意しておくことが安易に使ってしまう危険を避けられます。そして長く使えるように、品質の良い物を1本準備しておきましょう。

実印の値段はピンきりで、選ぶポイントはここ

印鑑の値段は1000円以下から、1本で何万円から何10万円以上もする場合もあります。この値段の差が出来るのは、作成方法(手彫り・手仕上げ・機械彫り)、材質(水牛・柘植・チタン・象牙・水晶など)、作成時間・サイズなどで変わってきます。機械彫りで大体を彫って置き、最後に手で仕上げて個性を出すのが一般的な作り方です。全部を手彫りにすれば時間と手間が掛かるので、その分値段が張ってしまいます。見た目の美しさも必要ですが、耐久性も大切です。材質や作成が難しい硬い素材や、希少価値の高いものでも作成時間が変わり、価格に違いが生まれます。同じ素材であっても、店ごとに販売価格が違っていることもあります。これは材料を大量に仕入れてコストを抑えたり、仕入れから彫刻・発送までを全て自社で行ったり、実店舗を持たずにネットのみで経費を削減するなど、それぞれが努力をしている結果が見られます。

実印を作るときのポイントはここ

いざ、大切な印鑑を作るときに、相場はどのくらいなのでしょうか。お店ごとのコスト削減などの違いや、手彫りなどの付加価値などを考慮して、一生ものでもあるので15000円から50000万円くらいの印鑑を購入する方が多いようです。では、選ぶときのポイントとなるものは、印鑑の材質・作成方法・サイズ・作成日数・販売店のサービスの中から、自分にとって絶対に譲れない事と、譲歩できる部分を見つけておきます。やはり、重要なのは素材でしょう。長く使うものであるので、水牛や柘植・チタンなど、丈夫で高品質なものを選んでおくべきでしょう。また、書体は印影を不正に偽装されないためにも、てん書体や印相体などの複雑な書体の好みに合うものを選ぶと安全です。さらに自治体によっては、印鑑のサイズを規定しているので、作る前に確認をしてください。

オーダーメイド作成で世界にひとつの印鑑をご提供致します。 個人印鑑980円~、法人印鑑2,580円~、印鑑セットの場合単品より最大25%off! 熟練した職人がご満足できる印鑑を貴方様にお届け! 即日発送が可能です。まずはお問合せください。 会社設立のための印鑑はセットで8,580円からご用意。お問合せください。 高耐久性、男女関わらず高人気度のチタン印鑑を業界内で激安価格で販売しております。 実印の製作を通販で-激安通販はんこプレミアム-